test

  • test
  • test
  • test
  • test
  • test
  • test
  • 日吉屋オンラインショップ
  • 日吉屋Facebookページ
  • 「伝統+デザイン」HIYOSHIYA contemporary
  • 商品カタログPDFダウンロード
  • レンタル和傘
  • 店主BLOG
  • 京和傘の品質表示について

test

 和傘は平安時代前後に仏教やお茶・漢字等と同じく中国より伝来したと言われております。
 平安時代の絵巻物に登場する和傘は現在のような形ではなく、傘(蓋・笠)であり、天蓋や覆い状のような物でした。用途も雨具ではなく、貴人に差しかけて日除けや魔除け、権威の象徴として使用された物です。鎌倉時代の絵巻物「春日権現験記」(1309年)には、貴族が大きな傘をさしている図が見られます。
 この時代ではまだ傘は開いたままで閉じることが出来ませんでした。
 和傘が閉じる事ができるようになったのは安土桃山時代ですが、広く一般に使われだしたのは分業制の発達した江戸時代中期以降のことであり、それ以前の庶民の雨具といえば菅笠(すげがさ)と簑(みの)でした。
 江戸の浮世絵師安藤広重の描いた「大橋あたりの夕立」(「名所江戸百景」1857年頃)には激しく降る夕立に傘をすぼめて急ぐ町人の姿が生き生きと描かれておりますし、喜多川歌麿の美人画にも傘をさしている町人の姿が多く見られます。このことから当時からすでに生活必需品として広く普及していたことがうかがえます。
 また、映画や時代劇には、浪人が傘張りの内職をしている場面がよく出てきますが、江戸時代の中期以降、藩の財政が苦しくなってきた時、実際に下級武士が傘の内職をして、藩政を助けたという資料も残っているようです。
 長い歴史の中で様々な改良が繰り返され、伝統文化や伝統芸能と結びつき、日本的的美意識を持った工芸品といえるような姿に進化していきました。
 和傘のことをから傘(唐傘)とも呼び、中国の唐(から)の傘とする説もありますが、現在有力とされている説では、それまで開きっぱなしであった傘がまるでカラクリのように自在に開閉できる事に驚き「まるでカラクリのような傘」が縮まって「からかさ」と呼ぶようになったそうです。傘が開閉できるのは今日では当たり前に考えられていますが、実は非常にシンプルかつ高度な構造を有しており、数ある工芸品の中でも和傘ほど複雑に変化する機構を持っているものは、そう多くはありません。
 また、和傘はただの日常品としてだけではなく、装いにアクセントを付ける重要なファッションの小道具でもありましたので、美しさも兼ね備えるよう様々な技巧やデザインを凝らした和傘が生まれました。江戸時代の美人画には様々に着飾った人々がお洒落な和傘を差している様子が多く見られます。
 和傘は歌舞伎や日本舞踊、茶道の中でも取り入れられ、それぞれの伝統美を付加した独自の進化を遂げ、他国に類を見ない非常に豊かな、我が国固有の和傘文化とも呼ぶべき土壌を作り出していきました。
Page Top